毎月お釈迦様のお言葉をご紹介し、分かりやすく解説しております。

今月の言葉
令和6年5月の言葉

この心は、以前には、望むがままに 欲するがままに、快きがままにさすらっていた。今やわたくしは その心をすっかり抑制しよう 今月は『法句経』の「象」という章から聖句を選びました。 では、なぜこの聖句が「象」の章の中にまとめ […]

続きを読む
今月の言葉
令和6年4月の言葉

他人を苦しめることによって 自分の快楽を求める人は怨みの絆にまつわられて 怨みから免れることができない  今月は『法句経』の「さまざまなこと」という章から聖句を選びました。  残念ながら、人の苦しみによって快楽を得ようと […]

続きを読む
今月の言葉
令和6年3月の言葉

単に何かの行為をするよりは 善いことをするほうがよい なしおわって 後で悔いがない  今月の聖句も『法句経』から抜粋しています。聖句の前には「悪いことをするよりは、何もしないほうがよい。悪いことをすれば、後で悔いる」とも […]

続きを読む
今月の言葉
令和6年2月の言葉

誠あり、徳あり、慈しみがあって 傷わず、つつしみあり みずからととのえ、汚れを除き 気をつけている人こそ「長老」と呼ばれる  今月は『法句経』の「道を実践する人」という章から聖句を選びました。  一般的にアジアでは「年長 […]

続きを読む
今月の言葉
令和6年 正月の言葉

他人の過失は見やすいけれども 自分の過失は見がたい ひとは他人の過失を籾殻のように吹き散らす しかし自分の過失は隠してしまう  明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。  今月は『法句経』の「汚 […]

続きを読む
今月の言葉
12月の言葉

徳行と見識とをそなえ 法にしたがって生き、真実を語り 自分のなすべきことを行なう人は 人々から愛される 今月は『法句経』の「愛するもの」という章から聖句を選びました。 ここでは、実践と知識の両方を備えていて、人として守る […]

続きを読む
今月の言葉
11月の言葉

愚人とともに歩む人は 長い道のりにわたって憂いがある愚人と共に住むのは つねにつらいことである  実は、上記の聖句に先立って「もろもろの聖者に会うのは善いことである。かれらと共に住むのはつねに楽しい。愚かなる者どもに会わ […]

続きを読む
今月の言葉
10月の言葉

たとえ貨幣の雨を降らすとも 欲望の満足されることはない「快楽の味は短くて苦痛である」と知るのが賢者である 解説 今月は『法句経』の「ブッダ」という章から聖句を選びました。 「ブッダ」(Buddha)とは「覚った(人)」と […]

続きを読む
今月の言葉
9月の言葉

みずから悪をなすならば、みずから汚れみずから悪をなさないならば、みずから浄まる浄いのも浄くないのも、各自のことがらである人は他人を浄めることができない 解説 今月は『法句経』の「自己」という章から聖句を選びました。これま […]

続きを読む
今月の言葉
8月の言葉

学ぶことの少ない人は 牛のように老いるかれの肉は増えるが かれの知慧は増えない 解説 今月は『法句経』の「老いること」という章から聖句を選びました。人は誰しも老いていきます。現代では「アンチエイジング」という名のもと、い […]

続きを読む