ID : Pass :  | register
     

一地の所生は

一雨の所潤なりといえども

しかも諸の草木に

おのおの差異あるがごとし

「妙法蓮華経」薬草喩品 第5より


 左記の言葉の前に「迦葉菩薩よ、喩へば、三千 大千世界の山川、渓谷、及び土地に生えたると ころの卉木、叢林、及び諸々の薬草種類、若干 にして、名と色とおのおの異なり。密雲は弥布 して、遍く三千大千世界を覆い、一時に等しく 澍す。その沢に、遍く卉木、叢林あり、及び 諸々の薬草の小根、小茎、小枝、小葉、中根、 中茎、大根・・・・洽う。諸樹の大小、上中下 に随いて、各々受くるところあり。 これは、雨は総ての草木樹林・薬草に降り注ぐ が、その均しく注がれた雨を受ける量のは草木 樹林の大小や、その草木のもつ性質によって違 いが有ものの、夫々が必要とする量は等しく受 用する事が出来る。と言う意味です。 そして、左記の言葉「一地の所生は一雨の所潤 なりといえども、しかも諸々の草木におのおの 差違あるがごとし。」とは 雨の恵みは総ての草木に均しいが、その雨を受 ける草木の大小、性質の違いによって、受ける アメの量は異なり、又成長の仕方、花や花実の 結び方、時期も異なる事を示しています。 この雨の恵みのように、御仏の慈悲は総て者に 等しく、決してえこひいきはありません。 ただ、ご加護には差違があるように思え、見え る事がありますが、それは差別があるのではな く、木々によって結ぶ花や実に違いがあるよう に、夫々の人のあり方によって異なって見える だけなのです。 私たちは誰もが平等に御仏の慈悲を頂戴し、導 かれている事を信じ切り、祈る事が真のご加護 を頂戴する道なのです。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
8月の言葉
カテゴリートップ
平成21年度の言葉
次
6月の言葉

 
     
厄ばらい申し込み

修行体験

清水寺通信
pagetop