body p { color: #000; } -->
ID : Pass :  | register
     
 

6月の言葉

 
 

父母に使えること
妻子を愛し護ること
仕事に秩序あり混乱せぬ事
これがこよなき幸せである

 
 
ブッダの言葉 こよなき幸せ(中村元訳)より
 
 

 今月の言葉は容色麗しい神が「多くの神々と人間とは、幸せを望み成功繁栄を願っています。最上の幸福を説いて下さい」とお釈迦様に詩を以て問いかけたものに対するお答えで、家族の絆、家庭の円満が最高の幸せであることを説いておられる。
近年、日本の家庭は急速に崩壊が進み、家族がバラバラになっていたが、東日本大震災の後、家族の助け合い、支え合う事の大切さを再認識し、これまで独身を謳歌していた人達が伴侶を求め始めた。との報道がされていた。
確かに心を許し、我が儘を許し合えるのは家族の外には無く、家庭こそが心休まる処であり、平安を与えてくれる場所である。
この大切な家庭の話を育み家族を護る為には更に次のことが大切と
1,種々の愚者に親しまないで、種々の賢者に親しみ ,尊敬すべき人を尊敬すること
2,技術を身につけ、身を慎むことをよく学び、言葉が見事であること
3,悪を止め、悪を離れ、飲酒を慎み、徳行をゆるがせにしないこと
4,尊敬と謙遜と満足と感謝、時に応じて仏の教えを聞くこと
と説き示し、これらの事柄を守り続けるならば、世俗の事柄に触れてもも心は動揺せず、憂いなく、汚れを離れ、安穏に暮らすことが出来る。 そしていかなる事に関しても敗れる事がない。あらゆる事について幸せに到着することが出来る。 と説き示して下さっている。

 
プリンタ用画面
友達に伝える
前
7月の言葉
カテゴリートップ
平成23年度の言葉
次
5月の言葉

 
     
厄ばらい申し込み

修行体験

清水寺通信
pagetop