ID : Pass :  | register
     

嫉と慳とは愛憎を縁とし
愛憎より起こる
愛憎なきとき嫉と慳とはなし
愛憎は欲を縁とし欲より起きる
欲なきとき愛憎はなし

南伝大蔵経長部教典第7巻 帝釈所問経第2誦品より


古哲は「衣食足りて礼節を知る」と云いましたが、飽食の時代の今日、日本人は「衣 食足りて嫉みと出し惜しみの心増す」と云う残念な状況が出現してきました。 即ち、お釈迦様が「海は川の水を飲み込む事に飽きることがない。この海のように人間の欲望も飽きる事はなく、むしろ豊かになればなるほどその欲求は強まり、休むことはない。」と説いて欲望の果ての無さを警告して下さっています。 欲望や嫉妬、出し惜しみが今日の地球温暖化を招いたとも言えるでしょう。 地球の安全、地域や家庭の平安の為にも愛憎の消去に努めましょう。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
4月の言葉
カテゴリートップ
平成21年度の言葉
次
2月の言葉

 
     
厄ばらい申し込み

修行体験

清水寺通信
pagetop