ID : Pass :  | register
     
 

2月の言葉

 
 


ジャッカル君、力を貸してくれませんか
私は泥の中に落ちて動けないのです
助けてくれたら必ず貴方を大切にします
絶対に約束は守ります、助けて下さい
 

 
 

ライオンとジャッカル(ジャータカ)より

 
 

<解説>

湖の畔で、鹿を見つけたライオンはしめたと思い、一気にその鹿に飛びかかったが、避けられ、柔らかな泥の中にズボッと4本の足をつっこんでしまった。自分の重さの為に身動き出来ず、10日程立ち尽くし、死を覚悟し始めていた。そんな時にジャッカルが通りかかったので、ライオンは必死で助けを乞い、助けてくれたらジャッカルを大切にすると約束した。
ライオンは約束した通り「自分の家は君の家族が住んでも困らない程広いし、君も私と一緒に暮らしていたら危険も少ないので一緒に暮らしませんか? 」と誘い、ライオンの家族とジャッカルの家族が中睦ましく暮らし始めた。
何年かするとライオンの妻の心に「私達ライオンがジャッカル如きに何故に敬意を払わなければならないの?との疑念が湧き、ある日、ついにライオンの妻と子供たちはジャッカルの家族に罵声を浴びせ、出ていくようにと脅しつけた。
恐怖を感じたジャッカル親子はライオンの家を出て行こうとしたが、ライオンがそれを引き止め、自分の家族に、丁寧に、何故にこのジャッカル親子を大切にしなければならないのか、自分がジャッカルにどれ程感謝しているかを話した。ライオンの話を聞いた家族は涙を流し、自分達の行為を恥じ、それからは長く長く睦ましく暮らした。
と云う寓話があります。私達は夫婦でも、親子でも、互いの気持ちを推測する事はできません。このライオンの家族のような過ちを起こさない為にも、互いに丁寧に自分の気持ちを伝い会いましょう。

 
プリンタ用画面
友達に伝える
前
3月の言葉
カテゴリートップ
2019年の言葉
次
正月の言葉

 
     
厄ばらい申し込み

修行体験

清水寺通信
pagetop