ID : Pass :  | register
     
 

3月の言葉

 
 


声聞、菩薩で我が所説の法、
乃至、一偈を聴かば
皆、成仏せんこと疑いなし。
 

 
 

法華経方便品より

 
 

<解説>

    このお経では、お釈迦様は私の説く教えを一偈(一言)でも聞き、教えに感動して御教えを実践し、仏様に近づきたいと願うものは誰でも仏に成ることが出来る。と教えて下さっているのです。
    この法華経が説かれるまでは、悟りは凡夫には難しく、ある特別な人、特別な行をした者しか悟れないと思われてきました。
    お釈迦様は弟子達のこの思いをお知りになり、いや、特別な修行をしなくても誰でも等しく仏に成れるのだ。と教え示して下さったのです。
    ですから、私たち凡夫も等しく仏に近づき、悟りを得ることが出来るのです。言い換えれば、誰でも何時でも極楽往生が出来るのだと説いて下さっているのです。
    ではその教えとは如何様なものか、と申しますと、お釈迦様は方便力を持って、私たちの周りの自然、家族・仲間・友人達、或いは周囲に起こるあらゆるものを通して慈悲の心の大切さを示し、悟りに導いて下さっているのです。
    よって、私たちはそのことを心得、素直に感謝し、慈しみの心を育て、慈悲行の実践をしていくことが悟りに近づく道であると心得なければなりません。
    言い換えれば、良いことはお釈迦様の、御仏のご加護、お導きと感謝し、悪いことは御仏の忠告と心得て、己の行動を直していくことが大切なのです。

 
プリンタ用画面
友達に伝える
前
4月の言葉
カテゴリートップ
平成29年の言葉
次
2月の言葉

 
     
厄ばらい申し込み

修行体験

清水寺通信
pagetop