ID : Pass :  | register
     

禅は智を守るの蔵

功徳の福田たり 禅は清浄の水たり

能く諸々の欲塵を洗う

大智度論釈初品中禅波羅蜜より


 さて、皆さんは年頭に観音様に手を合わせ、新しく迎えた年の幸運をお祈りされたことでしょう。  そして、一般には一心に願いを唱えれば、またご祈祷してもらえばそれで充分な功徳が頂けると思われがちですが、しかし、それだけでは充分ではありません。  何故か、それは締め切った部屋の中で灯明を点せば部屋を明るくすることが出来るが、風が吹き荒ぶ所では火は消え、周りを照らすことが出来ないと同じように、観音様の功徳は能く整った精神状態の人には充分に行き渡るが、心が荒み、また慢心や欲望で覆われている人を加護することは困難だと言われます。  そこで年頭に当たり、観音様の功徳を完璧に頂戴する秘訣をお教えしましょう。 一、感謝と反省の心を育てる。  多くの恵み、沢山の人々のお陰で今日があり、生かさせて頂い ていることを感謝し、不平不満を起こしがちな心を反省する。 二、心を常に戒める。  欲望に心が固執していないか、慢心を起こして傲慢に成ってい ないか。怒りで他を許す心が失われていないかを戒める。 三、心を静め、正しく制御する。  欲望や怒りの為に平常心を失わないように、不幸を招く誘惑に 躍らされないように常に心を平常に保ち、自分の心を自分で  コントロールすることが大切です。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
2月の言葉
カテゴリートップ
平成21年度の言葉

 
     
厄ばらい申し込み

修行体験

清水寺通信
pagetop