座禅

座禅の勧め

清水寺ではご希望により座禅の指導をしております。ご希望の方は遠慮なくお申し出下さい。

座禅とは姿勢を正して座り、心を鎮めて、何者にも動じず、錯乱しない心をつくる修業方法の

一つです。天台宗では座禅のことを「止観」と云い、覚りに入る一番の近道と云われてきました。

止観の「止」とは「不安で迷い、欲望の為に焦り、又嫉む心を止めること。」「観」とは「社会

を眺め、正邪を見きわめ、正しい心のあり方、正しい道を見つけ出すこと」

お釈迦様は菩提樹の下で座禅を組、瞑想によって一切の心の煩悩と恐怖心を捨て去り、真実の覚

りに入られたのです。

この覚りに近づく最良の修行を行じ、日々ストレスに耐えかねている貴方の心を癒し、正しい道を

歩む智慧を育んで下さい。

ご希望の方は書きよりお申し出下さい。尚、日時によっては御要望に添えないこともありますので

ご承知おき下さい。

指導可能時間

 1,朝6時から7時30分の間(朝の勤行の後指導します。)

 2,9時から12時まで

 3,13時より16時まで

指導可能人数

 1人〜50人以内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク