看経(かんぎん)

看経

看経(かんぎん)行の勧め

清水寺ではご希望により看経行(お経の読み方の練習)の指導をいたします。
ご希望の方は遠慮なくお申し出下さい。

よく聞きますのに、お経が覚えられない、暗記出来ないとの声です。在家の方はお経は暗記ずるものと思い込んでおられるようですが、本当はお経本を持ち、一字一字目を離さずに読むことが正しいお経の読み方です。私達僧侶が経本を見ずにお経をあげるのは本当は邪道なのです。

何故ならば、お経とはお釈迦様がお説きになった大切な真実の教え、それを経本を見ずに唱えるとどうしても字を抜かしたり過って唱えることが往々です。

字を抜かし読みを誤ると折角の御教えが正しく伝わらなくなりますので私達は経本を持ち、一字一字目で追い、正しく読み、正しく理解することが必要なのです。

清水寺ではお経の正しい読み方と共にお経の内容を解説し、共にお釈迦様の御教えを体得して行きたいと考えております。

ご希望の方は下記よりお申し出下さい。尚、日時によっては御要望に添えないこともありますのでご承知おき下さい。

指導可能時間

  • 1 9時から12時まで
  • 2,  13時より16時まで

指導可能人数

  • 1人〜50人以内

≫ 看経(かんぎん)についてのお申込はこちら