ブログ

正月の言葉

2021/12/25 15:01

正月の言葉

他人の言葉を吟味する
知恵も持たずに簡単に
信ずる者は友達も
すぐに離れてしまうだろう

ジャータカ物語より
<解説>
 
   新年のお慶びを申し上げます。寅年となりましたが皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
   さて、お釈迦様の前世物語「ジャータカ物語」に「仲の良い虎とライオン」と言う寓話があります。
   その寓話では大の仲良しである虎とライオンを仲違いさせようと考えた山犬はライオンとトラの処に行って、相手の悪口をいいふらしました。この悪口を聞いたライオンは「俺は親友のトラを信じるから、二人の間を離間させるようなことを言うな。今度来たら噛み殺すぞ。」と叱りました。一方山犬からライオンの悪行を聞いたトラは半信半疑でライオンの処へやって来て、「ライオン君、君は山犬が言うように本当に私を貶(けな)し、私を一撃で倒せると言ったのか?」と尋ねました。
   ライオンはその質問に「山犬は私の処へもやって来て、今君が言ったと同じ事を私に話してきた。私は君がそんなことを言うはずがないと信じているので、二度と来るなと叱っておいた。」と答え、続けて「勝手気ままで、だらしなく、友を疑い欠点を、探す輩(やから)は友じゃない 僅(わず)かな疑問も挟まずに、母に抱かれてすやすやと、眠る子どもの無心さは、壊すことなどできぬもの。そんな友こそ本当の友と呼ぶのに値する。」と話し、「後は君の判断に任せるよ。」と話したと言う物語です。
   貴方はどのような判断を下しますか。真の友を失わないようにしたいものです。