ブログ

6月の言葉

2021/05/31 16:53

6月の言葉

思うに怒りは怒りに
よって鎮まらず
慈悲の怒りを鎮めるは
古今不変の法なり

憍賞彌本生物語より
<解説>
 
   私たち現代人は不本意な苦しみ、危害を加えられると、怒りの為にその首謀者や関係者を気が済むまで罰したいと願い、裁判等では被害者当人や家族は徹底して重い処罰を主張します。またマスコミや世間もそれが当然と考え、重い処罰を支持します。
   確かに危害を加えた者はその危害の程度に応じた罰を受けることは当然だと考えますが、加害者に対する怒りや憎しみは重い罰を課すことで本当に怒りや恨みが消散してしまうのでしょうか。
   お釈迦様は、怒りによって怒りは鎮静するのか?いや怒りによっては怒りや恨みは決して霧散しない。怒りにまかせた処罰が終われば怒りの持って行き場が無くなり、却って悶々とした心に悩まされるだけで怒りや恨みは解消しない。
   むしろ、昔から「罪を憎んで人を憎まず」との格言があるように、加害者の罪を犯すにいたった事情に心を推し量り、慈しみの心を持って加害者を許すことが真に怒りを鎮める方法である。そしてこの事は古今東西変わらぬ真理である、と教え示して下さっているのです。
   日本は古来よりこの考え方が強く「敵に塩を送る」行為が高く賞賛されてきました。
   利己主義の行き過ぎなのか、怒り、憎むことばかりが先行し、日本人が古来より守ってきた慈悲の心を忘れ去ってしまったように感じます。
   今一度、怒りや恨みは「慈しみの心」を以て解消するのが正しく、心の平安が得られる最良の方法だと自覚したいものです。