ブログ

11月の言葉

2020/11/01 15:46

11月の言葉

皆さん出家しなさい
そして戒を破るなら破りなさい
地獄に落ちるなら落ちなさい

優鉢羅華比丘尼本生経より
<解説>
 
   とんでもないお経がありました。皆出家しなさい、と勧めるところまでは問題がないのですが、勧められた人たちが戒を守り通すことが出来ません、戒を破りそうだから出家出来ません。と答えると阿羅漢の位を得た一人の比丘尼が「戒を破るなら怖がらずに破りなさい。戒を破って地獄に墜ちるなら地獄に墜ちなさい。と言いながら出会う人ごとに出家を進める尼僧がいました。
   破戒を進める比丘尼を不思議に思った人が「如何して破戒を勧めるのですか」と尋ねると、私は破戒を勧めているのではなく、出家を勧めているのです。しかし、破戒の罪を恐れて出家出来ない人には破戒を怖れる必要はない、地獄に墜ちることを怖がる必要はない。」と話しているのです。何故なら私は出家した当時、何度も何度の戒を破り、地獄にも墜ちました。しかし、地獄の務めを終えた後、再びお釈迦様にお出会いし、再出家して今日阿羅漢の位に到達することができました。
   この頃人間の宿命を考える事がよくあります。最初の出家が無ければ地獄の務めを終えた後、出家をする事もなく、あいも変わらず悪事を犯し、世を拗ね・世を恨んで暮らしていた事でしょう。
   私が今、阿羅漢として心穏やかに全てに感謝しながら心豊かに生きることが出来ているのは過去に出家という宿縁を結ばせて頂いたお陰としか思えないのです。だから私は護れなくても、破戒しても良いので機会があったら薦んで仏縁を結ぶ功徳を積ませてあげたいのです。